9月の映画とご挨拶

蒸し暑い夏が終わっていたな・・・と思ったら、異常気象の台風でかなり大変な9月の始まりになりました!

ドラマ「あなたの番です」も9月に終わり、今度は10月からの面白そうなドラマもたくさんあるので楽しみです。

今回は台風で不安だった近況を少しと、9月に公開されている面白そうなオススメの映画を紹介します。

~タイフーン乱れて始動した9月~おすすめ映画

ワンス・アポン・ザ・タイム・インハリウッド

・・・いきなりベタですが(^-^;

タランティーノ監督最新作は、ブラッド・ピットとレオナルド・デカプリオを招いての豪華作品!

1969年にハリウッド女優がある事件に巻き込まれた実話をモデルに制作されています。

誰もがそれを知っている~Everyone knows~

2018年に海外で公開された映画ですが、好評のため日本でも2019年に公開が決定しました。

現在上映中(※2019年9月の情報です)のこの映画はスペインで撮影されたもの。

主人公にペネロペ・クロスを迎え、迫真の演技で事件を解明する母親を演じます。

映画「誰もがそれを知っている」のあらすじは?

この映画は、ブエノス・アイリスからスペインの田舎町に、旅行に訪れた家族の話です。

今回の旅行はライラ(ペネロペ)の妹の結婚式に参加するための旅行でした。

しかしその盛り上がった結婚式の最中に、ライラがつれてきていた子供が誘拐されてしまったのです!

この誘拐事件と、家族たちの暗い過去が暴かれながら、子供の命のリミットにライラと旦那は困惑していきます。

いったい誰が犯人で、なんのためにこんな事をしたのか・・・。

家族の愛がためされながら深淵におちていく、サイコスリラーです。

・・・都会から田舎町にドライブなどすると、

「のどかでいい所だなぁ」

なんて、誰もが思いますよね。

しかし実は田舎の方が、恐怖が隠れているのかも・・・というお話。

実はかなーり昔に、田舎を舞台にした「狂気」な映画がヒットしました。

それは・・・ダスティン・ホフマン主演の「わらの犬」です。

映画「わらの犬」のあらすじは?

この映画は、「誰もがそれを知っている」と同じように、ダスティン・ホフアン演じる主人公のデイビッド(1975年の映画なので、当時ダスティンは35歳!)が新婚の奥さんを連れて、念願の田舎暮らしをはじめます。
都会で数学学者をしていたデイビッド。
オシャレで気弱でインテリ、頭のいい彼に、モデルのように美しい奥さんは夢中でした。
しかしそんな若者夫婦の出現に、村人たちはいい顔をしません。
うわべは仲良くしますが、とくにデイビッドと同じ年齢の男性陣は、若くて魅力的な奥さんを、下心で見ています。
そしてとうとうある日、主人公を猟にさそって、1人きりになった奥さんに若者たちは暴行を働くのです。
その事件とはまた別に、村のイベント中に殺人事件が起こりました。
この殺人事件をきっかけに、村人たちに少しずつ狂気が蔓延していき・・・。
妻への暴行の事実を知った主人公も怒り狂うのです。

※ここからはネタバレになりますのでご注意ください。

主人公の暮らす一軒家に、異様に興奮した村の男共が押し掛けます。
銃を持っている男もいて、主人公も銃で応戦。
最初は威嚇のつもりでしたが、どんどん主人公の心理もエスカレートしていき、村の男共を銃殺していきます。
暗闇のなかで起こる殺戮。
最後は、村人の1人を車に乗せ、あてのないドライブをする主人公の表情のアップで物語は終わります。

田舎暮らしの閉鎖的環境を描いた作品

9月のオススメ映画として、今回は田舎を舞台にした映画を紹介しました。
ワンスアポン・ア・タイムも個人的に、時間ができたら行きたいなぁ、と思いを馳せております。

そんな私も現在、都会から引っ越して田舎暮らしをスタートさせました。

台風のあおりも受け・・・。

朝起きたら、海が荒れ狂っていて、焦りました(°ー°〃)

田舎の狂気がテーマといえば、10月に公開される犯罪心理映画「楽園」も、このテーマを孕んだ(はらんだ)作品です。

映画「楽園」についてはまた10月ごろに紹介できたら、と思います。

映画「わらの犬」の考察とは?

「わらの犬」のラストの主人公の表情が何を表すのか・・・。

つまりは<人間とは、純粋であればあるほど、その環境に染まりやすいという現実社会を表ししているように思いました。

<村>とは1つの国の<縮図>であり、<国家>なのである・・・と。

みんなで凶行をおこなうときに、その罪悪感は薄れますよね。

しかし全員で悪事を行う・・・という人物は『とても気が小さい人』なんです。

しかし、今回の映画でのディビットは『1人』で、凶行を犯しました。

この部分がこの映画の、見落としてしまいがちな大きなテーマになっているんです。

大人数の悪と戦ううちに、デイビットの悪は正義になってしまった・・・。

「真の悪」に目覚めたディビットはどうなるのでしょう。

村人たちの、些細な「いじめ心」から恐ろしい悪魔を目覚めさせてしまった・・・という物語に感じました。

まとめ

今回は9月のおすすめ映画が少なかったので、関連の田舎を舞台にした映画「わらの犬」について、あらすじネタバレ考察も紹介しました。

9月に入ってからも、季節外れの台風や、まだまだ続く猛暑に警戒が必要ですね。

そして地震についても、万全の用意が必要になると思います。

人災にも気をつけたいですが、なんといっても天災の驚異には人間は歯がたちません。

せめて被害を最小限に押さえられるように、日々意識を怠らず、備えていきたいです。

Hits: 29

投稿者:

ロージー 谷

コラムニスト/栄養士 映画評論家・美容家・翻訳家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です