7月の映画とご挨拶~2~

みなさま、こんにちは。

毎日暑い夏が襲ってきていますね!

関東ではゲリラ豪雨の恐れがあったとか。

悪天候の中が続きますが、そろそろ梅雨明けなので「晴れ間」を待ちたいですね。

では、前回の7月上期の映画紹介の続きを、お届けしたいと思います。

天に花咲く月の映画・ロマンティックにスリリングに!

引っ越したばかりの私ですが、最近家のリビングの窓から花火が見えまして感動した次第でございます。

その時の感動を超えそうな映画はコチラです。

ゴールデン・リバー

引用<https://eiga.com/movie/89006/?cid=w8_movie>

2019年7月5日公開

監督はフランスのジャック・オーディアール。
「君と歩く世界」や「真夜中のピアニスト」で知られています。

舞台は1851年。ゴールドラッシュに沸くカルフォルニア。
水中で黄金を識別する科学者ウォームを追って、大物ギャングの命令で殺し屋兄弟が奔走する物語。
しかしいざ黄金を目にすると、殺し屋兄弟は命令を忘れてしまい・・・。

キャストは・・・ジョン・C・ライリー
ホアキン・フェニックス
ジェイク・ギレンホール
リズ・アーメッド

と、豪華な俳優陣。

私は西部劇は苦手な方なんですが、最近で言うとマッツ・ミケルセン主演の「悪党に粛清(しゅくせい)を」と渡辺謙主演の「許されざる者」を鑑賞しました(‘ω’)ノ

この2つの映画はわかりやすい【復讐モノ】。

またレオナルド・デカプリオ主演の「レヴェナント」も鑑賞しましたが、これも【復讐モノ】ですね。

勧善懲悪の成敗モノが大好きな方には上記の3本がおすすめですが、この映画「ゴールデン・リバー」は、復讐とは全く違ったサスペンスになっています。

お金を巡る「人間の本性むき出し」でゾクゾクしそうですよね!

天気の子

引用<https://eiga.com/movie/90444/>

2019年7月19日公開

離れ島から東京に単身でやってきた少年、帆高(ほたか)。

雨が降り続ける東京で彼が出会った少女は
「祈ることで晴れにすることができる」能力をもった
少女だったー。

意外な結末で締めくくり、いろんなテーマを秘めた
前作「君の名は」を超える感動に迫る、新海誠監督の最新作です!

映画「天気の子」の詳しいレビューについてはコチラ

アルキメデスの大戦

引用<https://www.cinematoday.jp/movie/T0023292/photo/T0023292p>

時代は日本の戦争時代。

『これからの戦争は航空機が活躍し、巨大戦艦は必要なのだろうか?』と、その時代の代表ともいえる有名な【山本五十六海軍少将】は、これからの戦艦制作計画に難色を示します。

その巨大戦艦「大和」の計画を計画しているのは平山中尉。
しかし、空機戦闘を考えている藤岡喜男の案に山本五十六少将は産生するのです。

その焦りからか、平山は巨大戦艦の見積もりをかなり安い金額で計上します。

その平山の目論見を阻止するために、山本五十六少将は【元帝大生・櫂直(かいただし)】を海軍の主計少佐に抜擢。

内部から【大和計画】を、部下・田中少尉とともに見積もりの嘘を暴くうちに、日本の戦略計画にも疑問を抱く展開になっていく・・・。

キャスト・・・

櫂直・・・菅田将暉
田中正二郎・・・柄本佑
平山忠道・・・田中泯
山本五十六・・・舘ひろし

壮大なスケールの戦闘シーンはすべてCGで、細かく制作されています。

迫力のある戦闘シーンは是非、映画館のスクリーンで観てみたいですよね!

主演の菅田将暉さんも現在「アルキメデスの大戦」のPRで、情報番組に出ずっぱりです。

菅田将暉のツイッターにて「LOVE」とショートフィルム!

現在大人気の俳優さん、菅田将暉さんはアーティストとしても有名ですよね。

少年のような歌声の曲「まちがいさがし」は、尾崎豊さんを彷彿とさせる歌声です。

平成に逝去したビックスター尾崎豊さん

引用<https://www.oricon.co.jp/news/2002408/full/>

菅田将暉さんの魂のこもった歌声と、今回7月に発売されているアルバム「LOVE」は、菅田将暉さんのツイッターでも大々的にプロモーションされています。

プロデュースには、徳島の星「米津玄師」さんが手掛けている曲が多いのも有名ですよね。

今回のアルバム「LOVE」では、ショートフィルム上映会も行われたという事で、とても力を入れた作品になっているようです。

まとめ

今回は夏休みが始まって、オススメの7月下期の映画をメインに紹介いたしました。

2019年7月上期のオススメ映画についてはコチラ!

映画「天気の子」はアニメですが、かなり深いテーマが込められていて見ごたえがありそうです。

そして「ゴールデン・リバー」と「アルキメデスの大戦」は【男同士の闘い】とうこともあって、夏にピッタリの作品となっています。

夏休み開始とあって映画「キングダム」の延長公開が期待されましたが、映画館によると7月半ばまでしていたようですが、夏休みには突入延長できなかったようで残念です。

しかしコンフィデンスマンJPが好評のようで、こちらは映画館によれば上映しているところもあります。

やはり時代物よりも現代モノのほうが人気があるようですね。

会社勤めの社会人の方は、現代モノのほうが共感できやすいのかな?

会社帰りにフラリと涼しい映画館で、映画を楽しむのもリラックスできそうですよね。

暑い夏がこれからも続きますが、楽しい映画でさらに熱く!またはヒヤッと疑似世界を楽しみたいですね(#^.^#)

管理人情報

Rosy(ロージー)谷

コラムニスト・映画評論家・栄養士
美容家・翻訳家・読者モデル
※小説、映画、ドラマ(国内外問わず)を
毎日調べています。

Hits: 32

投稿者:

ロージー 谷

コラムニスト/栄養士 映画評論家・美容家・翻訳家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です